コラム

同じ本を何度も読むことの効果は?繰り返し読むことで得られる3つのメリット

投稿日:

こんにちは!本好きライターのはむ(@hamsetuyaku)です!

みなさんは、一度読んだ本ってどうしてますか?

一度読んだらもう使わないからすぐに売ってしまったり、本棚にしまいっぱなし・・なんて人も多いと思います。

でも、実は同じ本を繰り返し読むことで更に内容を深く理解し、より読書の効果を高められることをご存知でしょうか?

今回の記事は「同じ本を何度も読む」ことで得られる効果について解説していきます。

同じ文章を何回も読むと頭に入る

人によって差はあるのの、本は一度読んだだけではうっすらとないようが頭に入っただけで、実際に自分の力として頭に定着していないことが多いです。

その状態で時間が過ぎてしまうと、「あの本の内容ってなんだったっけ・・?」と内容が徐々に薄れていってしまうことも。

しかし、実は一度読んだ本でも繰り返し読むことで記憶は更に定着し、より自分の中での土台として頭に入れ込むことができます。

このことから、本は一度読んだだけでなく2度3度と繰り返し読んでみて、より濃く内容を理解した上で次の本を読むようにした方が良いです。

同じ本を何度も読むことで得られる3つの効果

同じ本を何度も読むことで得られるメリットはいくつかありますが、その中でも特に大きな効果となるのは3つ。

  • 自分の「ものさし」を再確認できる
  • 内容を自分の考え方として定着させることができる
  • 必要な情報をその時にあわせて再確認できる

といったものがあります。

自分の「ものさし」を再確認できる

忙しい日々に忙殺されていると、あれやこれやと一生懸命こなしているのに、何だか自分が進んでいるのかわからない・・。といった気持ちになることもあります。

そんな時、自分の興味のある本を読むと、自分の希望やこうありたいといった姿を再確認することができ、内容を深く理解することでそのために自分がするべきことが見えてきたりもします。

自分の理想の為の確固たる軸を再認識する上でも、本の再読は重要です。

内容を自分の考え方として定着させることができる

2つ目は内容を自分の考え方に取り入れることができる点。

一冊一冊の本にはそれぞれ「その本の言いたいこと」が隠れており、これを知ることは自分の大きな力となります。

一度本を読了しただけでは難しい場合もありますが、繰り返し何度も本を読むうちに理解が深まり、本で得た考え方を自分のものとして定着させることができ、新しい引き出しとして取り入れることができます。

必要な情報をその時にあわせて再確認できる

3つ目は必要な情報を再確認できる、という点です。

今まで読んだ本の中に出てきた知識や方法が思わぬ場面で必要になることは多いですが、そんなときは再度読み返しをしてみましょう。

その時に得た情報以外にも、心構えなどを再認識することもできます。

同じ本を繰り返し読む際の3つのコツ

ここでは、同じ本を繰り返し読む際に筆者が心がけていることを3つ説明します。その3つとは、

  • 要点のみを繰り返し読む
  • 文章にマーカーを引きながら読む
  • 著者の主張では自分の意見も考えてみる

頭の片隅で意識しながら読書を続けるだけでかなり違いますので、ぜひ取り組んでみて下さい。

要点のみを繰り返し読む

まずは、要点のみを繰り返し読むというもの。

一度目の読書で気になった点、内容の確信に迫る箇所などの要点だけでも繰り返し読むと、内容の理解は深まります。

もう一冊同じ本を読むのは何となく気が引けてしまう、という方にもおすすめです。

文章にマーカーを引きながら読む

文章にマーカーを引きながら読書をすることもオススメです。

必要な点や刺激を受けた点にチェックをしておけば再度読み返すときも便利ですし、内容を整理もしやすくなります。

マーカーでチェックをした!という行動があっただけでも案外記憶にしっかりと残ったりもするので、癖づけておくと便利です。

著者の主張では自分の意見も考えてみる

著者が主張をしている文章を読むときは、必ず自分の考えを持つようにしましょう。

影響力の強い著者などの言っていることは斬新で強烈な内容だったりもしますが、100%納得してしまうのではなく、自分の理想と比べるとどうなのか?を思案し、自分の軸はしっかりと持つように。

自分にとって必要だと感じる部分だけ、うまく取り入れていくようにしましょう。

まとめ

同じ本を何度も読む、同じ文章を繰り返し読むことで以前とはまた違った見方ができることも多くあります。

皆さんも一度だけではなく気になった本は何度も読んでみて、ぜひ自分の理解を深めていってくださいね!

 

-コラム
-,

Copyright© Book Uru(ブックウル) , 2020 All Rights Reserved.